仕事について

「銀行を辞めたい!」嫌な上司と会わずに会社を辞める方法!(体験談あり)

銀行員時代のパパ
銀行員時代のパパ
毎日ストレス!銀行ってブラック!今すぐ辞めたいけど、パワハラ上司にどうやって切り出そう。。。

こんな悩みを解決します!

この記事の内容

  • 私が銀行を辞めた理由と方法
  • 仕事を辞めることはダメなことじゃない
  • 仕事を辞めたいけれど言い出せない時

この記事の信頼性

はぴらきパパ
はぴらきパパ
銀行を数年勤めましたが、辞めたくて辞めたくて辞め方を一生懸命探した経験からこの記事を書きました。メンタル面でズタボロにやられている人は参考になると思います。

この記事をご覧になっている人は、仕事を辞めたくて仕方ないが、辞めたいと上司に言えない人や辞め方を知らない人だと思います。

「こんな簡単に退職ができるんだ!」

もう、今日から悩まずにいられるようにみなさんに最高の辞め方をお教えしたいと思います。

私が銀行を辞めた理由と方法

銀行に限らず、あらゆる業種で人間関係が嫌で仕事を辞めたいと思う人が多いと思います。

はぴらきパパ
はぴらきパパ
私もそうでした。

銀行で営業課に所属していた私は、担当地区がかなり最悪で、すでに別銀行が大体のシェアを占める地区でした。

そのせいか、営業成績は振るわず、また、営業課全体の成績も良くない状況がずっと続き、私に対する風当たりは強くなる一方でした。

「作戦なんか練るな!足で稼げ!1件でも多く新規客へ訪問しろ!」

といった上司で、時代錯誤もはなはだしい人でした。

支店長には媚を売り、パフォーマンスで部下をどなりつけるなど、超パワハラ。

そして、それに便乗してくる女上司。私のメンタルは限界を超えていました。

唯一の味方は、一度退職をして再雇用された人でした。

すごく気にかけてくれて、こっそり相談にものってくれていました。

「お前の人生だから、辞めてもいい。辞めることはダメなことじゃない!」

そう言ってくれて、勇気が出たのを覚えています。勇気を振り絞り、パワハラ上司に辞職したいと話しました。

「後腐れないように、しっかり引き継ぎしとけよ!」

パワハラ上司はイライラがつのり、爆発しそうな雰囲気でしたが、あっさり飲み込んでくれたようでした。

しかし、本当に辛いのはここからでした。

辞職表明から辞めれたのは3か月も先

当時、一般的に、辞職する場合、数か月前には会社に伝えるということが常識でした

円満退職ならそれが常識でしょうが、人間関係が原因で辞めたい場合は、辞めるまでの数か月は苦痛意外のなにものでもありませんでした

辞職をパワハラ上司に伝えた直後から始まったのが「無視」

これが精神的にきつく、毎日仕事に行くのがストレスでした。

銀行では、ボランティアは強制参加で土日が潰れます。無視される中、休日にボランティアに参加することも、かなりのストレスを抱え込みました。

残り1か月になった段階で、有給消化をしようと別の上司に相談しようとしたところ

「お前は何を言っているんだ!?散々迷惑をかけておいて、調子のいいことを言うな!」

と一方的に怒鳴りつけられ、精神的にも肉体的にも限界を超えてしまいました

妻と仲間に助けられたラスト1か月

ラスト1か月は、毎日が苦行でした。

しかし、あと1か月で銀行ともおさらばできると気を持ち直して行きました。

また、妻と同期にも助けられ、退職を迎えることができました。

銀行を辞めたいと考え始めて1年以上がかかりました。

仕事を辞めることはダメなことじゃない

「1度就いた仕事は辞めるな!最後まで勤めろ!」

「みんなの迷惑!シワ寄せが来る!」

そんな考えの古い人やお局様など、様々な人がいます。

仕事を辞めたい人 = 悪人

この式って、どこの職場にもある式だと思います。

こういう風潮だから、「辞める勇気」が無くて、辞めれない人が出てくるんです。

しかし、そもそも辞めるのに勇気は必要ではなかったのです

はぴらきパパ
はぴらきパパ
色々調べて分かった!辞めることに勇気は要らないんだ!

詳しく説明します。

仕事を辞めたいけれど、言い出せない時

私は「辞めます」と言えた人です。

しかし、「辞めます」と言えない人もたくさんいます

「明日にでも辞めたい!行きたくない!毎日が苦痛で死にそう!」

そういった悩みは1人で抱え込むと、精神崩壊を引き起こします。

いろんなサイトを調べまくって、1つのサイトを知りました。



 銀行を辞めてから、「どういう風に辞めたの?」と何度も聞かれました。

書いているような体験談を伝えていました。

「代わりに手続きしてくれへん?」

そう言われ、調べてみると【退職代行ガーディアン】というサイトがありました。

残念ながら、個人が退職代行を行うことはできません。弁護士資格のある個人または労働組合でないと違法になります。

【退職代行ガーディアン】は労働組合ですので、弁護士よりも安価で引き受けてくれます。

費用は一律29,800円

一見高額に見えますが、精神的苦痛から解放してもらえるなら激安です。

私が考える退職代行のメリット

私の苦痛だった退職までの経験から【退職代行ガーディアン】に依頼するメリットをまとめました。

  1. 明日から会社に行かなくて良い
  2. 嫌な上司に会わなくて良い
  3. 精神的苦痛から解放される

明日から会社に行かなくて良い

規則で数か月前に辞職願を出さなければならないとなっているのは、会社の希望です。

明日から嫌な仕事に行かなくていいのは、最大のメリットだと言えます。

はぴらきパパ
はぴらきパパ
私は1年無駄にしています。明日から行かなくていいのは時間的にもメリット大!!

嫌な上司に会わなくて良い

グチグチとねちっこい上司や、怒鳴るしか取り柄のない上司からおさらばできます。

引き継ぎなども全て郵送対応してくれるので、ありがたい限りです。

はぴらきパパ
はぴらきパパ
顔を思い出すだけで身震いしてしまう。会わずに辞めれるのは本当に嬉しい。

精神的苦痛から解放される

私の場合、ラスト3か月が苦痛で仕方ありませんでした。その苦痛も【退職代行ガーディアン】なら皆無です。

まとめ 辞めたいと思ったら即行動すべし

私は、退職したいと思ってから実際に辞めるまで1年間かかりました。

今思えば、かなりの時間の無駄でした。

29,800円で、ストレスフリーな退職がすぐにできるなら、私なら辞めます。

新しい働き先で1週間必死で働けば29,800円くらい稼げます!

「ちょっと考えてから。。」

なんて甘い考えは捨てよう!先延ばすほど、時間の無駄!

退職するチャンスを逃してしまいます。

私みたいに時間を無駄にするのか、新しい未来にむかって1歩踏み出すのかを決めるチャンスです。

あなたにとって、この選択がベストチョイスであることを祈ります。

【退職代行ガーディアン】の詳細はコチラをクリックしてください。



今回は以上となります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。